便秘対策によい水分の摂り方

便秘には水分補給は大切です。

 

便秘,水分補給

 

体内の水分が足りていない水分不足の状態は、ぜんどう運動の働きが悪くなり起こる弛緩性便秘や直腸性便秘の原因となります。
便がカチカチの状態などの場合、意識して水分を摂取することで改善が期待できます。

便秘に効果的な水分補給方法

水分を摂るにも便秘に効果的なタイミングがあります。

 

 

1日に飲む水分量はどれくらいがいい?

便秘ということを抜きにしても健康的に生活するために必要な水分量があります。

 

人間は通常、1日に2リットル〜2.5リットルの水分を体外に放出しています。
汗や尿、そのほか排泄や不感蒸泄といわれる自然に皮膚から蒸発する水分を合わせてそれくらいの水分が体外に出してます。
放出した分を補う必要があります。

 

普段の食事から1リットル程度の水分を補給できるとして、残り1.5リットルから2リットルは水分補給する必要があります。
さらに気温によって、暑ければ発汗しますし、運動をしたときは発汗してさらに体内から水分が失われます。

 

ですから1日に1.5リットルから2リットル程度を目安に水を飲むようにするべきなのです。

 

 

便秘に効果的な水を飲むタイミング

 

まず「朝起きてすぐ」のタイミングで水を飲みましょう。
朝一、起きたばかりは体がまだ寝てる状態で内蔵も寝ている状態できちんと働いていません。
朝イチで水分を補給することは体への起床の合図になります。
その合図が腸でぜんどう運動をうながすきっかけとなります。

 

また寝起きは寝ている間に汗で水分が排出されており体に水分が足りない状態です。
その失われた水分を補うためにも朝イチの水分補給は大切です。

 

入浴前後
お風呂やシャワーでも汗をかいて汗を流しますよね。
失われる水分をきちんと補給しましょう。

 

 

運動前後
運動中は汗で水分が排出されます。運動中の水分補給は重要です。便秘でなくとも運動中は水分をきちんととりましょう。

 

 

体内に水分が足りている状態であるようにこまめに飲むことが大切です。
また朝イチにコップ一杯の水を飲んで体を起こしてあげることも便秘に効果が期待できるのでやってみてください。

 

 

便秘に効果的な水分補給のコツ

 

冷たい水を一気に飲むと逆にお腹をこわしてしまったり、体を冷やしてしまいます。
お腹が弱い方なら常温の水や白湯、温かい飲み物がよいでしょう。

 

また、野菜ジュース、ココア等を交えて飲むのもおすすめです。
野菜ジュースやココアは食物繊維が入っているので便通に良いです。

 

特にココアは食物繊維が多く含まれており「リグニン」という整腸作用を持つ成分が含まれています。

 

ただ糖分をとりすぎては健康を損ねてしまいますので、適量にして、そういった飲み物を交えて水分補給するのが便秘に効果が期待できるコツです。

 

 

便秘に効く乳酸菌サプリ紹介